高齢者の下着選び

MENU

高齢者の下着選び

歳をとるごとに体の調子もお肌の調子もことごとく変わっていくものです。
若いころのままでは対応できないこともでてきますが、歳相応の下着選びというのも必要となってきますよ。
お肌のトラブル予防のためにも年相応の下着選びは重要になってきます。

 

下着通販サイトなどを見ていても分かりますが、高齢者用のインナーも素材やデザイン、機能性が様々になってきており、下着選びもじっくり楽しみをもってできるようになっていますよ。
年齢を重ねて下着を変更しようと考えた時には、下着とお肌の関係についても考えてみましょう。
冬場や夏のエアコンの効いた室内だと乾燥しがちなので、下着とお肌がこすれて痒みや赤みがでるケースも増えます。

 

乾燥肌になりがちな高齢者にオススメの下着素材は、やはりシルクか綿100%です。
シルク独特のなめらかな生地であればお肌との摩擦のダメージがかなり抑えられます。
シルクや綿100%であれば保温性や保湿性の高さもありますからムレ抑えられてお肌へのダメージもかなり抑制できます。

 

綿100%の素材というのは下着だけでなく衣類でも人気ですが、構造的に2重構造になっていれば保温性もあって冷え対策にもなります。

 

朝晩の気温差が大きくなる季節には特に寒さや暑さ、汗やムレなどで下着とお肌が接している部分が刺激を受けやすくなってしまうのですが、さらに長いこと履いている下着は生地が傷んでいることもあり、その痛み部分の繊維とお肌が摩擦を起こすこともあります。

 

下着通販サイトでは手に取って素材を確認できないぶん、素材表示は丁寧になっていることが普通ですので、お肌に起こりうるトラブルを回避するためにも素材表示についてしっかり読んでおきましょう。

 

また歳をとるごとに体の調子や健康が乱れがちになるように、肌質も弱くなってしまうケースが多いので、お肌トラブルやアレルギーが起きてしまっている高齢者も少なくありません。
時には洋服や下着を洗った際に使用した洗濯洗剤が残っていて肌荒れを起こしてしまうケースも珍しくないため、洗濯の中でも特にすすぎは注意した方がいいでしょう。